Tag Archives: 如是我想

高速無料化を断念へ 公約見直しで岡田氏表明 – 笑わせんな


高速無料化を断念へ 公約見直しで岡田氏表明

2011/2/21

 

民主党の岡田克也幹事長は20日、三重県伊勢市内で講演し、8月の党マニフェスト(政権公約)見直しで、高速道路の原則無料化や子ども手当満額支給の断念を打ち出す方針を表明した。小沢一郎元代表や支持派議員らは執行部の公約見直しに強く反発しており、政権党の混乱が拡大するのは必至だ。
 岡田氏は「(政権交代から)1年半がたち、いまだに実現できないこともある。4年間でできることと、できないことをはっきり説明することが必要だ」と強調した。
 その上で、高速道路の原則無料化について「実験をして、あちこちで渋滞が発生した。渋滞してまで料金を下げる必要はない」と指摘。「無料化は高速道路の計画を小さくすることを前提に議論してきたが、道路を造ってほしいとの地域の声にも耳を傾けないといけない」と述べた。
 同時に「無料化より高速道路、一般道路を造ることを優先させてもらいたい、無料化の範囲はこれだけになってしまう、という議論であれば、そのことを説明すべきだ」と語った。
 子ども手当の月額1人当たり2万6千円の満額支給に関しても「子ども手当は必要と考えているが、全額と言われると、もう少し保育所をつくったり、学童保育を厚めにすべきだ」との認識を示した。
 党内の公約見直し批判をめぐっては「マニフェストを百パーセントやるべきだとの意見があるが、できないことをいつまでもできると言い張ることは、有権者に正直でない」と反論した。
 公約見直しは1月の党大会で承認された。執行部は8月末の2012年度予算概算要求取りまとめまでの結論を目指している。

高速無料化を断念へ 公約見直しで岡田氏表明 – 中国新聞

例えば、おかわり無料とか、2,000円食べ放題なる看板や呼び声に誘われて入店したら、出る頃になって怖いお役人がゾロゾロ出て来て、「看板は見直します」の一言でボラレタラどうします?

要はそれでしょ

幹事長のとこは商売人でしょ?
イオンでそれやってみなと云いたいね

チラシで大ボラ吹いて来店者からドンドンボッテご覧
経営成り立ちますか?

国なら何やっても構わんのかね?

出来ないのなら正直に出来ないからと下野すべき

ノウノウと権力握って生き恥晒すのは、コチトラ国民が疲れるんで御免被りたいもんですな

「マニフェストを百パーセントやるべきだとの意見があるが、できないことをいつまでもできると言い張ることは、有権者に正直でない」と反論した。

おいおい(^^ゞ
本気かよ?
正直の使い方が違うだろ・・・

これだもんな~

どこ見て、誰に話してんの?

日々の生活でやれやれなのに、大枚はたいて雇っている政治化や役人がこれでは、国民はドット疲れますよ

小沢さんイジメもいい加減にしなさいよ・・・
教育上良くないよ~

米国統治を終焉にして、真の独立を考えるべき時かも知れませんな

 
営業を「足で稼ぐ」は大ウソだッ
・ナゼあなたは契約を取れないのか?
・売れない理由ポイント5と売れる理由ポイント3とは?
・営業の基本を収めた小冊子無料進呈中

http://www.eNirvana.biz
 
 

随分静かになったようなので一家言。大相撲のこと

随分静かになったようなので一家言。
大相撲です。

信頼回復がどうのこうの。

なるほど大切だとは思いますが、大相撲の信頼ってなんですかね?
闇勢力の資金源などを断つことでしょう。
それだけで良いのでは?

大相撲にガチンコだの真剣勝負って好きなこと言う輩が大勢いるようですが、年間200取組以上をあの巨体を死ぬ気でぶつけ合うのを望んでいるんですかね?
闘犬やら闘鶏と間違ってませんかね?

オリンピックやボクシングのような興業体制、真剣試合まで割と間合いがあるのであれば一点集中で死ぬ気ってもありでしょうが、日本中まわって毎日死ぬ気なんて出来るもんかね?

地方巡業なんか、会場で弁当食べて酒呑んで、甚句を聴いて、子供との相撲だとか和気あいあい老若男女が愉しむもんでしょ
国技の国技たる所以がここですよ。

廻しひとつの力士に絢爛豪華できらびやかな衣装をまとった行司というコントラストの妙。
仕切りまでの気だるいような間合いと古式ゆかしい儀式の美しさ。
それまでの時間の流れを断ち切り、脱兎の如く鋭い立会い。ガツンと響き渡る痛々しいまでの頭の音。

これらが楽しいではないだろうか?

イチイチ他所の国のスポーツだとか他の競技と比べることが馬鹿馬鹿しいのだが、もしもそのガチンコとやらをみたいのであれば高校対抗の試合であるとか、大学相撲を見ることを薦めよう。
多分ガチンコだ。談合もないだろう。

ただし面白いか?

今回の不祥事とやらで国技がどうとか公益法人であるとか騒いでいるが、相撲の開催や巡業そのものが、おカネを出して観戦する、楽しむ観客への最大の公益ではないだろうか?

それを鬼の首を取ったかのように、叩いて休場までしたようだが、今まで官公庁の不祥事が散々あったがイチイチ事業停止までしたかね?

病院、学校、警察、その他モロモロ官公庁の不祥事はたくさんあれど、休みます?

長い不景気でパンすら満足に与えない国がサーカスまで奪ってどうするんだね?

正義を振り回した煙幕の向こう側でほくそ笑む人たちがいっぱいいる気がしてなりませんがね~

 
 
営業を「足で稼ぐ」は大ウソだッ
・ナゼあなたは契約を取れないのか?
・売れない理由ポイント5と売れる理由ポイント3とは?
・営業の基本を収めた小冊子無料進呈中

http://www.eNirvana.biz
 
 

マツリゴトは書くまいと思っていたのだが・・・ 社民党の不甲斐なさに、つい。

今は本当のこと言うと大いに非難され、揚げ句には変人扱い受けるという変わった時代です。どうも、マス媒体による洗脳が過ぎて全うな思考が苦手な御仁が多いようで甚だ窮屈な時代ではないかと思います。

例えば政界。

とても賑やかです。
言ってもいないことや、やってもいないことに大騒ぎして人に足を引っ張り金儲けをする輩。そこへ拍手喝采し、明治以来の政体交替で国民生活に陽が差そうという時にあって時代の逆行を望むかのような市井の声。

これは偏に、自分で一切調べない。考えない。お仕着せの権威を有り難がり、なんら疑いを持たないという極めて恐ろしい思考が蔓延しているのでしょう。

前置きが長くなりました。

昨日、首相と与党幹事長が辞意を表明されました。
ビックリしましたが、その引き金が社民党党首の罷免と社民党の離脱にあるかのような言があること。そしてシャーシャーと社民党党首は、誇らしげに演説する様を見て実にあきれて、商売のblogにマツリゴトを書くという愚かなことに至りました。

「政治にクリーン」さを求める。笑止である。
これと同様に、ダメなものはダメと声高に叫ぶ党首。
拍手喝采を送る有権者にマス媒体。

一体何なんだ?
んなのは政治でも何でもない。

違う角度で追ってみよう。
今回の、と言うより、政権発足前後からのマスコミの報道は常軌を逸している。病的な非難。言ってもいないことを声高に、予測の範囲で言った者勝ちのように政権にあれこれ多様な分野で集中砲火。

これは、言ってみればマスコミによる公務執行妨害ではないと思うんです。

誰か得するんですか?
得する人が居るんでしょうが、それは我々市民ではありません。
政権交代で利権を失い、おいしい話が逃げた人達でしょう。
その人達のために、市民はせっかくの政体交替を不意にしそうになってます。

振り返ってみましょう。
従来の自民党下、こんなにまでアメリカに物申した政権は皆無。その内実は、密約が明らかになり、利権屋がワンサと顕になり、官僚の不思議な動きもあれこれ垣間見えました。

今回の基地に関する交渉は第1ラウンドは日本側の完敗は分かりましたが、様々なことが分かって基地の存在意義がないことが認識として定着し、首相の真摯な態度もよく見えたと思います。

そもそも旧政権が利権に貪り、土地を買い漁り、想定以上の大きな滑走路をこしらえること自体から非難すべき。米国も一度握った利権をそう容易く放すわけもないんです。

さらに深読みすれば、沖縄には分かっただけで4つの密約がバレてます。
うち核の持ち込みの密約。マス媒体も大事なことはソッとしか報道しないから騒ぐ人もいないのだが、どうだろう?
日本の米軍基地の7~8割がある沖縄。
公然の秘密ではあったが、その核がもしもあったら?

そして朝鮮半島の俄な緊張。
ま、アングロサクソンならでは稚拙でミエミエのマッチポンプ的な話しだが事態の推移次第ではどうであろうかね?

そして交渉相手のアメリカの事情。金がなくってどうしようもない。
世界の米軍基地は使用料金を払っているというのに、世界の紛争を喚起する暴れん坊のアメリカ軍、現に日本での犯罪年間1000件起こす厄介な軍を、日本の抑止力だと。

実に目出度い。
抑止力なはずが、暴力があり、他国からは拉致があり、竹島を実力行使され漁民がだ捕され、尖閣では中国が油を取っている。
見事な抑止っぷりである。

日本はリップサービスだけではない。
アメリカ様には「上げ膳据え膳」のもてなしで歓待してくれる上に、基地まで新設してくれるのだ。

おかしいとは思いませんか?

で、これらの絡まり合った数十年の利権の綾を解きほぐすという火中の栗を拾いに行ったのが現政権。抵抗したかに見えるマスコミやら御用学者。あの必死な弁は何だったんでしょう。

蓋を開ければ、野中広務氏より「内閣官房機密費」で100万単位でおもてなしとの話。

そんなもんなんです。
泥をかぶって必死な人を応援しないで、金で釣られた亡者の言に踊らされたマス媒体。
ガッカリするぐらい正義のメッキは脆くて詰まらないもの。

ここを踏まえて、拍手喝采の社民党を見てみよう。
ここから政治なるものをチョット考えたい。

件の連立与党です。
公約を掲げ、政権与党に入った社民党はいかがな動きをされたんでしょうか?

社会党時代から営々と繋がる政党が、燦然と輝く歴史。
村山首相になっても何にも出来なかったことを、鳩山さんが敢えて火中の栗を拾うが如く獅子奮迅の働きの中、与党内にいて、閣僚級で、反対を訴えるだとか正しいとか政局を煽るかのような児戯に等しい行為は、政党政治そのものをおかしなものにしないかとの危惧を感じますね。

この反対だとか声高に騒ぐだけで政治だの政治活動と考えられては、真面目な政治家が馬鹿馬鹿しくなるでしょうな。

反対だと騒ぐのはさほど難しいことではない。

公約に掲げたそれを実現するために、社民党は何をしたのかですかね?

担当の官僚や相手国アメリカの官僚、議員、マスコミへの働きかけ。
つまりロビー活動をしたのか?
国内で、けたたましく反対を言うだけは、要は誰でも出来るんです。
アメリカ行って、アメリカのマスコミを煽るとか、キナ臭い韓国や台湾、中国への働きかけはあったのか?
根回しはしたのか?
沖縄の密約に繋がる核等の調査はしたのか?
アメリカの譲歩を引き出す交渉材料の用意はあったのか?

社民党代表団が国際的に大活躍したとの報道はあまり聞かないので疑問を。
もしや沖縄周辺だけで動き回っただけで、さて反対ですからと政権離脱なんてことは、あまりに子供じみていて政権の足しか引っ張っていないなと。

これが政治か?

違うでしょ。
一般市民にナカナカ出来ないところに政務調査費はじめ様々な特典が盛り込まれた議員という身分、そして直接税金が注ぎ込まれた政党の責任が果たされていないと思うんです。

表面上の、飲み屋の合いの手みたいに「よくやった」だの、わずか発足8ヶ月の政権をクソミソに叩くなどは誰にでも出来て、要はアメリカにどれだけ立ち向かったかが問題。

マスコミも学者も偉い偉いコメンテーターも云ってないようだが、本来文句はアメリカに言うべきで、闘った鳩山首相の責任ばかり問うのは、連立とか政権与党内に閣僚として参戦していて負けたから出ますって・・・おかしいと思うんですがね。

つまり、結果を出しての政治であり責任。

赫々然々奮闘したけど第1ラウンドは負けでした。次は社民党が前に出てアメリカを説得しますって言う未来に向けた明るいメッセージなら大いに賛成ですが、試合放棄に大喜びの世論に、政治の醸成は遠いと愚考した、41を迎えた初夏の晩でした。