Monthly Archives: 5月 2010

良いアプリ捜しは、良い仕事への早道かも

実はblogを更新するのにはかなりの障壁があったんです。

随分前にも書いておりますが、blogそのものを刷新するかどうか、blogエディタの良いのがないか?、そして、決めたblogとエディタの相性はどうか?

この3点をあれこれ検証していて数ヶ月・・・
実にその決断力の無さといいますか、
決めきれないといいますか
集中力に問題ありといいますか・・・

で、そんなこんなで様々なblogを試し、エディタを試した甲斐も少々あって、ま、まだまだ落ち着きがないのですが書き始めました

ボクの場合、根っから底からのMacユーザーでして踏み絵というか踏みMacがあったら、もちろん信者の誇りとばかり踏まずにお役人をキッと睨むくらいの気合いでユーザーやってるもんで、Macユーザーの哀しい性でして、アプリがジャンルによって少ないと言う十字架を背負ってます。

このblogが当然のご時世にあって、Macにはあまり種類がない。
blogエディタの種類が無くて泣けてくる。

誰にでも使い勝手が良いなどはナカナカでっくわしません。
数少ないエディタを少々使っては諦め、でもまた思い直し使ってみたりの繰り返し。

最終候補は、
ウサギのオッサンがマークのBlogo
そして、何かとMacで便利らしい老舗のMacJournal

本音は、blogoの使い勝手に惚れたのだが、細かい文章の修辞が出来ないのが玉に瑕。
あと、サーバーの相性なのかな? 何やらUPしてもヘンテコなエラーが出る。
それ以外は軽快で、なかなかよろし。
バージョンアップはこまめにチェックしていつか寝返る了見も持っております。

そして、なんだかMac界では評判の優等生らしいが、どうも性に合わなくって嫌煙していたのだが、どういうわけかこれだけは早々に入金を果たしており、どれもこれもあまりはかばかしくないことから、数回のダメ出しの後、これに決定。
じゃ~、ホントにダメなのかといえば、なんちゅ~かな~

・フルスクリーン対応だったり
・テキスト回りも痒いところに手が届く
・意外に軽快
・小技も多数
・Macのツボを知っている

などもあり、リックフレアのディフェンディング・チャンピオン的な勝ち方でしょうか?
書いてて自分でも意味がよく分かりませんが、ま、Macユーザーには概ね好感持たれる仕様なのではないでしょうか。ま、ボクは、徐々に慣れるようにあれこれ書いて参ります

でもですね、手に馴染んだアプリというのはホント有り難いといいますか、仕事の友です。

こう言ってはナンですが、みんなが使っているからの一点張りで、wordとExcelに縛られている方の多いことに、どうにもやりきれなくなります。そのアプリで効率が上がって幸せになればいいのですが、そうでない話しが今だに溢れている。
みんながパソコン持ち始めたのが仮にWindows95の頃として既に15年たっているのに、今だにwordやExcelの些細な動作で大変な時間を費やし大いに疲れ果てている人が少なくない。

かんたんで、軽くて使い勝手の良いアプリを探すこと。

これは、仕事に大いに役立ち、仕事を素早く、場合によって処理が楽しくなるもんです。

良いアプリ捜しは、良い仕事への早道かも知れませんね。

営業を「足で稼ぐ」は大ウソだッ
・ナゼあなたは契約を取れないのか?
・売れない理由ポイント5と売れる理由ポイント3とは?
http://www.eNirvana.biz

手紙の効力

先日、食品関係の社長さんんとの話しで伺いました。

5月の連休は長い休みになるので、社員の皆さんと少しの間別れることになるとのことで、約40年の社歴の中ではじめて、社員さんに宿題を出したそうです。

 ・今の会社内はどうですか?

 ・改善すべき点はありますか?

 ・今後の方針や取り入れた方が良いことはありますか?

の3点を紙に書いてきて下さい、と。

社長としては半信半疑だったようですが、2人残してみんな書いてきたそうです。
社長としてはこれでも嬉しかったそうですが、内容をみて驚きは更にとのこと。

毎日顔を合わせて仕事をしています。

大きくない会社ですから、それこそなんでも知っている感じだったのに、意外な要望や感想があがってきたのが、とても驚きだったそうです。
この社員がこんなことを思っていたのか!
こんな考えの持ち主だったとは!
驚きと発見がたくさんあったそうです。

この宿題のキッカケは、
「なんでもやってみないことには分からないし、
       やってみないことには進まない」
と言う、長年経営者として頑張ってきたものの頭で分かるのではなく現実に些細な
ことでも実践しようと決めた一環だそうです。

そして、件の社長。
あまりにも嬉しくて、一人一人返事を書いたそうです。

仕事に限らず、

 「あなたは言いお母さんになれるからこのまま頑張って下さい」

など、業務一辺倒ではなく生活についても言い添えたそうです。

過去にやっていたもののマンネリや惰性の感じが不快で止めてしまった慰安の懇親会なども再び始めてみようとのことです。
全く新しい社員さんの側面の発見や会社の改善に役立つのではと、意を新たにしたそうです。

何かと不況が長く、ガマンや節約、どうしても伸び伸び元気にが困難な世間様です。
灯台下暗しではありませんが、身近な大戦力である社員さんの新たな側面の発見が元気ややる気に繋がりそうな新たな対話が「文通」とはとても興味深いです。

「手紙の力」

物凄く有るんです!
セールスレターや会報もその一面を有してます。
まず手近なところで社員さん、お得意さんとのやり取りに、あるいはご家族の中でも良いかも知れませんね
活用されてはいかがでしょうか?

営業を「足で稼ぐ」は大ウソだッ・ナゼあなたは契約を取れないのか?・売れない理由ポイント5と売れる理由ポイント3とは?http://www.eNirvana.biz